コラージュフルフル泡石鹸の口コミ!臭いアソコに効果ある!?

お風呂のイメージ画像

コラージュフルフル泡石鹸は、主に女性のデリケートゾーンのお悩みに対策するための薬用石鹸です。
また、全身に使える石鹸なので、その他にも、ワキや足などのムレやすい箇所の臭いも対策する事ができます。

評価の高い、ロングセラー商品ですが、実際に使った事のある方はどんな感想を抱いたのでしょうか?
口コミと体験談を交えて、コラージュフルフル泡石鹸について、ご紹介していきます。

コラージュフルフル泡石鹸
コラージュフルフル泡石鹸「ピンク」の画像
コラージュフルフル泡石鹸は、女性のデリケートゾーンの臭いや、ワキや足の臭い、体臭に対して殺菌と環境改善のダブルケアができる泡石鹸です。また、洗顔にも使えて、顔のニキビ予防にも効果があります。弱酸性で低刺激なので、性別や年代を問わず、誰でも使うことができます。
150mlタイプ 1,944円(税込)
300mlタイプ 2,484円(税込)

コラージュフルフル泡石鹸(150ml)はこちら

コラージュフルフル泡石鹸(300ml)はこちら

こんなことはありませんか?

夏場もそうですし、生理前などはデリケートゾーンのニオイがきつくなりますよね。
これは、血と分泌液と汗などが混ざって、しかも蒸れやすい部分で、雑菌が繁殖しやすくなるからです。

排卵日前は、女性が妊娠しやすい時期で、身体もそれに合わせておりものを出します。
生理が終わった後のニオイは、残った血が酸化するなどして発する匂いです。

また、陰部から発せられるニオイは、手の甲などと違い、恥垢などと混じりやすいです。
デリケートゾーンにアポクリン腺が多い方だと、スソワキガになり独特な臭いを発します。

コラージュフルフル泡石鹸は、ニオイの原因となる菌を退治して、その後の繁殖も抑えます。
わざわざ作用が二段構えとなっているのは、殺菌だけだと常在菌の比率が変わらず、時が経てばニオイが従来通り戻ってしまうことと、菌繁殖の抑制だけだと、ニオイそのものを早急にガードしきれないからです。

殺菌効果のある石鹸というと、お肌に刺激がありそうなイメージですが、コラージュフルフル泡石鹸は赤ちゃんのお尻などにも使える低刺激性の石鹸ですので、毎日身体を洗う時に使用できます。
(デリケートゾーンだけでなく、全身に使う事が出来ます。)

また、彼とのひと時の直前に使ったりする事もできます。


いつでも使えるのは便利だね

 
コラージュフルフル泡石鹸(150ml)はこちら

コラージュフルフル泡石鹸(300ml)はこちら

 

コラージュフルフル泡石鹸を実際に使用した人の口コミ・体験談

好きだから気にしないよとは言われましたが…(女性/20代)

ときおり、自分のデリケートゾーンの辺りから、フッと嫌な臭いがすることはありました。
ただ、それをわたしは特別なことと思っておらず、みんなそうだと思っていました。

しかしある日、彼氏から「あそこの臭いがキツイ」といった事を言われて、自分のデリケートゾーンが臭いがキツいのだという事を知りました。
(その後で、「好きだから気にしないよ」とは言われましたが…。)

夏場は臭いがきつくなりますし、私の場合は生理周期の真ん中くらいで臭いがきつくなります。

わたしも、何の対策もしてなかったわけではなく、こまめにナプキンを取り換えたり、下着を代えたりもしています。
また、お風呂でもちゃんと石鹸で洗っていますので、それで十分なんだと思っていました。

彼氏の無神経な一言で気付かされた事なので、それがきっかけで対策を始めるのも気分の良いものではないのですが、判明した事実に対応しないわけにはいきません。

その後、私は色々と商品を探しました。
コラージュフルフル泡石鹸にたどり着くまでには、色々な製品を試しました。

臭いを抑える効果自体は同じくらい実感できたけど、刺激が強くてお肌が荒れてしまってやめた製品もありました。
また、値段がもっと安いものなども色々と試したのですが、やはり効果やお肌への影響なども値段相応かな、というように感じた製品もありました。

色々な商品を試した結果、コラージュフルフル泡石鹸に落ち着いた決め手は、低刺激で安心して身体に使えるものだったからです。
私は肌が全体的に敏感で、とくに季節の変わり目などはカサカサになります。
少し油断すると背中ににきびができたりもします。

身体を洗う石鹸は、いつも使うものですので、効果や価格ももちろん大事ですが、身体への影響が一番気になるところでした。
(例えば、使うたびにお肌が荒れるものなんて、使い続ける気はしないですからね。)

肝心のコラージュフルフル泡石鹸の効果についてですが、無香料で石鹸の匂いでごまかすわけではないのに、洗った時にデリケートゾーンの臭いがサッと消える効果は凄いと思います。
さらに、洗ってしばらく経った後に、ときおり臭ってくる自分のデリケートゾーンの臭いが、かなり和らいでいるのを実感できているのも継続して使用している理由です。

コラージュフルフル泡石鹸は、安い商品とは言えませんけど、トータルで色んな面から考えると、なかなかお得なものなんじゃないかと思います。

それと、容器は特別なものじゃなくて、普通のボディソープという感じなので、堂々と置けるのもありがたいです。
私は家族と同居しているのですが、浴室にコラージュフルフル泡石鹸を置いています。

ちなみに、なんか減りが速いと思った時があったのですが、それは父親が勝手に使っていたからでした。
ただ、父も泡石鹸を気に入ったらしくて、今では父が泡石鹸の代金を出してくれています。
なので、コラージュフルフル泡石鹸は、男性にも良いのかもしれないですね。

話が逸れたので、私が感じたコラージュフルフル泡石鹸の効果の話に戻ります。
もちろん、デリケートゾーンの臭いが完全に無くなったわけではないのですが、彼氏への影響は大きかったです。
彼には、私が泡石鹸を使っていることを話していませんが、反応はまったく変わって、それが一番うれしかったです。

デリケートゾーン以外にも、ワキや足などに使うこともできると聞いたので、今では全身に使っています。

 

デリケートゾーンのかぶれに悩んでいて(女性/30代)

わたしは生理の症状が重く、母親にいつも心配されていました。
経血の量も多いですし、数日は身体がだるいです。

普段のデリケートゾーンの臭いはそれほど強い方ではないと思いますが、やはり生理の時には臭います。
それと、デリケートゾーンがかぶれる事が多いです。
皮膚はそれほど弱い方ではないとは思うのですが、たぶん、かぶれるのはおりものと血の量が普通の人より多いのが原因だと思います。
(生理用品も一日に何度も取り換えなくてはいけないくらいです。)

ただ、かゆいだけで特に重い症状というわけではないですし、数日我慢すればいいだけですので、特に対策するために何か購入するといった事はしませんでした。
かぶれ対策をしようと思ったのは、友人からデリケートゾーンが荒れていると病気になりやすいし、性病などにもかかりやすいと聞いたからでした。
自分なりに清潔にはしていたと思うのですが、確かに分泌する液体自体は多くて、菌は繁殖しやすそうだなと思います。
また、我慢すれば済む話だと思っていたアソコのかゆみですが、やはり、かゆみを我慢しない生活も送ってみたいと思ったのも購入に踏み切ったきっかけの一つです。

コラージュフルフル泡石鹸を選んだのは、インターネットの口コミが良かったのと、母親が持田ヘルスケアの別の製品を長年愛用していて、信頼感が持てたというのも決め手の一つです。

効果を実感したのは、使い始めて最初の生理の時でした。
最初は、いつもならかゆくなるはずの部分がかゆくならずに、逆に違和感があるくらいでした。
そして、デリケートゾーン用のかゆみ止めの薬も使わなくなりました。

私の場合、コラージュフルフル泡石鹸は、生理前後と夏だけにしか使わないので、ボトルの中身がなかなか減らず、いい買い物をしたなと思っています。

 

ある日、私の股間の辺りからチーズのような臭いが…(女性/40代)

四十代に入って、しばらく経った頃に突然、自分の股間の辺りからチーズのような臭いがしてきた時がありました。
この臭いは、年齢によってホルモンバランスが変化した事によるものなのだろうかと思いました。
特徴的な臭いで、人に気付かれないかと不安だったので、何か対策をしなければと思ったものの、箇所が箇所なので、友人などには相談できませんでした。
デリケートゾーンは敏感なので、通常のボディソープは刺激が強いからあまり好ましくないとか、ゴシゴシ洗ったりなど洗い過ぎも逆に良くないとか、指で膣の内部まで洗うことは良くないとか、そんな感じの事は知っていたのですが、中途半端な知識しかなく、具体的にどんな対策をすればいいのかは分かりませんでした。

自分なりに洗い方を工夫してみたり、下着をこまめに変えたりなどデリケートゾーンを清潔に保つように心掛けてみたり、いくつかケアグッズを試してみましたが、多少マシになったような気がする程度で、チーズのような臭いがする事には変わりありませんでした。

ずっと悩んでいた私に、コラージュフルフル泡石鹸を教えてくれたのは姉でした。
私には歳が近くて、昔から色んな事を相談できた姉がいるのですが、住んでいるところが離れている事もあって、最近は連絡を取る事も少なくなっていました。
ですが、久しぶりに姉に会う機会があって、その時に最近、自分のデリケートゾーンの臭いに悩んでいる事を相談したのでした。

自分でも何の対策もしてなかったわけではありませんので、石鹸を変えたぐらいで、そんな簡単に臭いが改善されたりはしないだろうと、それほど効果には期待せずに使い始める事にしました。

泡石鹸なので泡の状態で出てきて、その泡でそのまま洗う必要があるのですが、泡はずっと維持されるわけではないので、最初はこれに少し戸惑いました。
ですが、慣れて洗う動作なども速くなるのでこの点はそんなに気にならなくなりました。

コラージュフルフル泡石鹸をしばらく使い続けてからの事なのですが、私の股間から独特のチーズ臭がしなくなっている事に気付いて驚きました。
コラージュフルフル泡石鹸は無香料で、香りがあまりありませんので、石鹸の臭いでごまかしているわけではなく、臭いの原因を解消できているのだろうと思います。

ただ、今まで香りの良いボディソープなどを好んで使ってきたので、無香料というのは少し物足りなさも感じます。
ですが、股間からチーズ臭がする事と比べれば、石鹸の香りの物足りなさくらい大した問題ではないと思って、コラージュフルフル泡石鹸を使い続けています。

 

その他のコラージュフルフル泡石鹸の口コミ

良い口コミだけじゃなくて、悪い口コミも知った上で、購入を検討しよう!

ネガティブな口コミ


匂いがしないのが使用感が無くて好きになれないです。

もう少し肌に優しいタイプかと思っていました。

部分的に乾燥肌みたいな状態になってしまいました。

体に合わなかったのか、皮膚がピリピリします。

泡がすぐに消えるので使いにくいです。

 

ポジティブな口コミ


最初はデリケートゾーンの臭い対策のためだったのですが、今では全身に使っています。

腟カンジダによくかかるのですが、これがあればかゆみが収まります。

吹き出物対策にも使っているのですが、これで大分落ち着きます。

荒れていたデリケートゾーンが穏やかな状態に戻りました。

体臭がまったくしなくなりました。びっくりです。

 

コラージュフルフル泡石鹸(150ml)はこちら

コラージュフルフル泡石鹸(300ml)はこちら

 

コラージュフルフル泡石鹸を使うことで得られる効果

コラージュフルフル泡石鹸は、低刺激性で汎用的な殺菌効果があるため、色々な用途で使えるようになっています。
(弱酸性なのも、できるだけ人の皮膚に近い成分に近づけるためです。)

コラージュフルフル泡石?に含有されているミコナゾール硝酸塩は、医療現場では水虫やカンジタ症、いんきんたむしなどの治療にも使われている成分で、カビ菌の発生や増殖を抑える効果もある成分です。
(赤ら顔や若年性の脱毛症にもつながる脂漏性皮膚炎を対策するシャンプーなどにもよく採用されている成分です。)

もう一つの主成分であるイソプロピルメチルフェノールには、殺菌作用があります。
医薬品としては、消毒薬や軟膏に採用されている成分です。
また、医薬部外品としては、ハンドソープなどによく配合されています。

どちらの成分も刺激の少ない成分で、これが赤ちゃんや高齢者にも使える要因です。


医療用にも使われる成分を使っているんだね

 
男性は、女性が思っている以上にデリケートゾーンの臭いに敏感です。
(やはり、嗅ぎ慣れていない異質な臭いであることも影響しているのでしょう。)

いちいち口に出して指摘まではしない男性も多いですが、心の中ではガッカリしています。
(中には、口に出す方もいますけど。)

生理中は精神的が不安定になることもありますし、臭いと思われたくないがために、生理が重いうちは人との関わりを避けがちになるという女性も少なくないでしょう。
(生理の時以外でも、自分のデリケートゾーンが臭うかもしれないと不安だと、異性に近付いて臭いと思われるかもしれないと心配で、恋愛などにいつも消極的になってしまいかねません。)


私も生理中は人とあんまり会いたくないです…

 
デリケートゾーンを含む体臭を改善する事によって、人と積極的に関われるキッカケにもなりますし、相手との距離も詰めて話すことができます。


言われてみれば、わたしもどこかでニオイが負い目になってる気がします

 

ダブル効果を発揮するコラージュフルフル泡石鹸!

コラージュフルフル泡石鹸は、持田製薬グループの持田ヘルスケア株式会社が開発したデリケートゾーンの臭い対策のための泡石鹸です。

主にはデリケートゾーンのための商品として販売されていますが、蒸れやすい足やワキのためにも使用することができます。
例えばデートなどに行ったときに、彼女からムレたにおいがしてきたら、男性はがっかりしてしまうでしょうし、せっかくの雰囲気も台無しになってしまいかねません。


わたしはデート前はスプレーとかで対策するんですけど、もっと他の方法がないかなって思ってました

 
体の臭いの原因は様々で、ホルモンバランスの乱れや食生活の乱れ、ストレスなども関係してきます。

また、デリケートゾーンの臭いは個人差が大きく、これが原因と言えるものではないです。
ただ、デリケートゾーンは通気性も良くありませんし、液体が分泌され続ける箇所でもあるため、菌の繁殖にはうってつけの環境です。
そこは女性に共通する条件となります。

ただ、ニオイが気になるからといって、強くゴシゴシと洗ってしまうと、角質層が削られてしまいます。
(力を入れて洗ってしまうと、その刺激でデリケートゾーンに黒ずみができてしまう原因にもなります。)

デリケートゾーンは、その呼び名の通りでデリケート(繊細)な部分で、角質層が薄いため、ゴシゴシ洗いは厳禁で、刺激の少ない石鹸で、優しく洗ってあげる必要があります。


ゴシゴシ洗いがダメなのは最近知られてきたけど、まだしてる人も多いみたいだよね

 
コラージュフルフル泡石鹸には、細菌などへの殺菌成分はもちろん、真菌(カビ菌)の増殖を抑えるミコナゾール硝酸塩が含まれているので、両方の面からデリケートゾーンへ作用します。

また、ワンプッシュで泡が出てくる泡石鹸タイプなのも理由があります。
先ほどご説明した通り、デリケートゾーンは出来るだけ優しく洗ってあげる必要があります。
その点、泡タイプであれば、直接手に泡を出して、こすらずに優しく泡で洗ってあげる事ができます。

コラージュフルフル泡石鹸を販売している持田ヘルスケアは、ずっと女性の悩みに寄り添ってきた会社です。
スキナベーブといった新生児のための沐浴材や、薬用化粧品のコラージュシリーズも同グループの製品です。
無香料で、特別な香り付けはされていないので、デリケートゾーンの臭い対策の石鹸を使用していることを、周囲の人やパートナーに気づかれることはありません。


こっそり対策出来るのは嬉しい!

 

コラージュフルフル泡石鹸には、150mlタイプと300mlタイプがあり、
150mlタイプが税込み価格で1,944円、
300mlタイプが税込み価格で2,484円
となっています。

150mlタイプを公式サイトから購入すると、「お泊りデートセット」がプレゼントされます。
(セット内容は、化粧水、薬用保湿乳液、クレンジングミルク、洗顔パウダー、リキッドソープの5点セットの豪華なプレゼントです。)

一方の300mlタイプなら、コラージュBKが500円分プレゼントされます。

1mlあたりの値段で比較すると、
150mlタイプ:12.96円(税込)
300mlタイプ:8.28円(税込)
となっていますので、
コストパフォーマンス面で見ると300mlタイプの方がかなりお得になっています。

なので、300mlの方がおすすめです。

おすすめの300mlタイプの購入はこちら

 

コラージュフルフル泡石鹸はこんな人に使ってみてほしい

コラージュフルフル泡石鹸は、殺菌とその後の菌の繁殖を抑える事によって、女性のデリケートゾーンを清潔に保つ事によって、女性のデリケートゾーンの臭いや不快感を解消するためにつくられた薬用石鹸です。

特に夏場にデリケートゾーンがムレやすい方や、生理前後にに臭いがきつくなる方におすすめできます。


みんな言わないだけで、女の子同士でも生理前後のニオイは気にしてるよね

 
女の人が、デリケートゾーンの臭いに悩むという事は、何も特別な事ではありません。
持田ヘルスケアによるアンケート調査では、20代の6人に1人がデリケートゾーンのトラブルに悩んでいると回答しています。
(20~40代の女性への調査では、約3割はデリケートゾーンに悩みを抱えているという結果もあります。)

そして、悩んでいる方の約8割の方が、誰にも相談しないで、自分で何とかしようと対策しています。


そんなに悩んでるんだ!意外と多いですね

 
さらに、コラージュフルフル泡石鹸で対策できるのは、デリケートゾーンの臭いだけでなく、ワキや足の臭いが気になるという方にもおすすめできます。

殺菌・抗菌作用のある石鹸ですが、敏感なデリケートゾーンの肌にも使える低刺激の石鹸なので体臭予防として全身にも使えるようになっています。
(普通の石鹸と同じように使用できると考えて問題ありません。)

口コミなどにもあるのですが、足をコラージュフルフル泡石鹸で洗っているという方も少なくありません。
(中には、足だけに使っているという方もいるようです。)
やはり、足は靴などで蒸れやすく、発汗量も多いので臭いがキツくなりやすい部分です。

また、口コミなどを見ると、最初はデリケートゾーンのニオイ対策に使っていて、気に入ってわきや足、乳首などにも使うようになったパターンが多いようです。
体の各箇所は、汗腺の多さや恥垢の出やすさ、角質層の厚さなど違いはありますが、ニオイの発生原理はおよそ同じ様なものなので、ニオイ対策に関しては応用がききやすいです。

また、汎用的な殺菌効果もあって、低刺激性の泡石鹸という事で洗顔に用いることもできます。
(アクネ菌とカビなどの対策が出来ます。)
なお、洗顔の際は泡を顔全体に塗るような感じで使って、直接触れない様にするのが良いでしょう。


色んなシチュエーションで使えるのは便利だね

 
また、コラージュフルフル泡石鹸は、いわゆる加齢臭の主な原因となるノネナールも洗浄する事ができます。
(ノネナールというは、皮脂腺から分泌された脂肪酸の一部が、酸化などの影響でできる物質です。)

デオドラントスプレーなどで体臭対策している人は多いですが、朝にスプレーふきかけても、夕方ごろには体臭と汗の臭いなどと合わさって、また別の体臭を形成してしまいます。

加齢臭は男性だけがもつのではなく、女性にも現れるものです。
女性だからといって安心できません。
加齢に伴って、女性ホルモンがだんだんと減少してくると、女性であっても加齢臭を発しやすくなるとも言われています。

また、お肌が敏感な部分や、敏感肌の方でも使用できるように作られていますので、高齢者や赤ちゃんでも使えます。
コラージュフルフル泡石鹸は、家族みんなで使える石鹸と言ってもいいでしょう。


私は敏感肌なので、低刺激なのは嬉しいです。

 

コラージュフルフル泡石鹸のよくある質問

デリケートゾーン以外にも使えますか?

全身に使用できるようになっています。主にデリケートゾーンの臭い対策のための泡石鹸ですが、低刺激性の石鹸ですので、通常の石鹸を使うつもりで使用しても問題ありません。

毎日使っても問題ないでしょうか?

毎日使える商品となっています。ただし、デリケートゾーンは刺激などにあまり強くない箇所なので、洗う時は優しく洗って、ゴシゴシ洗いは控えて下さい。こすらずに洗って、キチンと水で洗い流して、石鹸の成分が残らないようにすることが大切です。

生理中に使用しても大丈夫ですか?

はい、使用できます。生理中であっても、通常時と使い方は変わらず、直接触れずに、泡で優しく洗うようにしましょう。

デリケートゾーンはそもそもなんでケアが要るのでしょうか?

デリケートゾーンは、股の形状と下着・ストッキングやタイツなどで通気性が悪くなっているため、高温多湿になりやすく、真菌(カビ菌)や細菌にとって繁殖しやすい部位となっています。
それに加えて、粘性の強いおりものや汗、生理中には血液などでも蒸れやすくなってしまいます。
そのため、デリケートゾーンは、他の部分よりも臭いを発生しやすい部分です。
ですので、他の部分よりもこまめにケアしなければ、臭いの発生を抑える事は難しいです。

赤ちゃんが使っても問題ないですか?

はい。問題ありません。赤ちゃんのかぶれやすいお尻まわりなどに使うのもおすすめです。オムツは、仕組みの上では女性用ナプキンと一緒で、空気がこもりやすくなっています。さらに赤ちゃんは、新陳代謝が盛んなこともあり、赤ちゃんは肌が荒れやすいです。また、ホルモンバランスが崩れやすい経産婦さんのケアに用いることもできます。

フルフル液体石鹸とフルフル泡石鹸では何が違うのですか?

同じものと言えば同じものなのですが、使い方が違います。液体石鹸はタオルやスポンジなどと一緒に使うことを目的としていて、泡石鹸は泡の状態で手などに出してそのままダイレクトに使用します。また、フルフル液体石鹸とフルフル泡石鹸では、微妙に成分が違います。(主要な有効成分に関しては同じです。)デリケートゾーンやワキなどのニオイ対策でフルフル石鹸を用いる場合には、断然、泡タイプがおススメです。

デリケートゾーンをゴシゴシ洗いしてはいけないのは何故ですか?

デリケートゾーンは粘膜で、他の部分よりも非常に繊細な部分です。ゴシゴシ洗いをしてしまうと、乾燥しがちになってしまったり、その刺激で肌トラブルを起こす可能性も少なくはありません。(デリケートゾーンに色素沈着を起こす原因にもなります。)そのため、洗い過ぎによって、逆に痒くなるという事も考えられます。ですので、デリケートゾーンの痒みが気になるからといって、ごしごしと力を入れて洗うのは避けるべきでしょう。

デリケートゾーンが匂うかどうか、どうやって確かめればいいのでしょうか?自分ではなかなか気づけません。

家族や信頼の置ける友人に、匂うかどうか聞けたらそれが一番良いのですが、それは恥ずかしくてできないという方も少なくないでしょう。その場合、匂うかどうかの判定に、おりものの様子を見るという方法もあります。正常なおりものは、薄く白っぽいか、透明です。それが黄色くなったり、緑がかっていたり、不純物が混じっていたり、かなり白っぽかったりすると、膣内などの状態が非正常である可能性が高く、雑菌の繁殖などの可能性が考えられます。

洗顔に使用しても問題ないでしょうか?

通常の石鹸として使えるので、問題ありません。ただ、人によってはお肌がピリピリとする場合もあるので、そういった場合には顔への使用は中止した方がいいでしょう。

ニキビ予防にも使えると聞いたのですが、洗顔方法はどのようなものなのでしょうか?

デリケートゾーンを洗う際と、やり方や手順は大きくは変わりません。手のひらに泡を出して、直接的に手が顔に触れない様にして、泡をまんべんなく顔に広げていくようにして優しく洗っていきます。泡を落すときも、ぬるま湯などを使って、泡が残らないように優しくパシャパシャとかけていきます。その後に顔を拭くときも、タオルで強く拭かずに、軽く抑える感じで拭くのが良いでしょう。

ニキビ対策にも使えるのはどうしてですか?

悪臭対策の殺菌効果が、ニキビの繁殖をうながすアクネ菌にも効果があるからです。さらには、その後の菌の繁殖を抑える効果もあるので、一石二鳥のニキビ対策ができます。(背中ニキビ対策にも使用する事が出来ます。)

ボトルパッケージがピンクとブルーがあるようですが、何か違いがありますか?

コラージュフルフル泡石鹸には、水色(青)のボトルとピンク色のボトルがあります。(ピンク色のボトルの方の正式な販売名は「コラージュフルフル泡石鹸c[ピンク]」、青色のボトルの方の正式な販売名は「コラージュフルフル泡石鹸c」となっています。)内容成分や価格、効能・効果は同一です。違いは公式サイトから通販で買うとピンク色になり、店頭で売るときは青色のボトルで売られているというだけの違いです。違いを強いて言うならば、ピンクボトルには上述のおまけのプレゼントが付属することくらいです。

まとめ

デリケートゾーンに限らず、体臭は自分では気づきにくく、他人も気を使ってなかなか指摘してくれませんので、自分では臭いに気付かないまま過ごしているおそれもあります。

コラージュフルフル泡石鹸は、デリケートゾーンの臭いに悩む人はもちろん、脚や脇の臭いの対策をしたい方、顔や背中のニキビを予防したい人、純粋に清潔でありたい人などにもオススメできる製品です。
弱酸性で、香料や着色料なども使っていないので、肌への刺激を抑えた低刺激性で、赤ちゃんにも使える優しい石鹸です。

もちろん、向き不向きなどで、効果を実感できる場合とできない場合などがあるとは思いますが、あまり合わなかったとしても石鹸として活用すればいいだけなので、気軽に使ってみてもいいでしょう。

コラージュフルフル泡石鹸
コラージュフルフル泡石鹸「ピンク」の画像
150mlタイプ 1,944円(税込)
300mlタイプ 2,484円(税込)
コラージュフルフル泡石鹸は、デリケートゾーンの臭いや、脇や足の臭い、体臭に対して殺菌とカビの増殖の抑制のダブルケアができる泡石鹸です。また、洗顔にも使う事ができて、顔や背中のニキビ予防にも効果があります。弱酸性で低刺激なので、性別や年代を問わず、誰でも使うことができます。

コラージュフルフル泡石鹸150ml(税込:1,944円)はこちら

コラージュフルフル泡石鹸300ml(税込:2,484円)はこちら

 

そもそもデリケートゾーンが臭くなりやすい原因は?

デリケートゾーンが臭いやすい原因は、第一に通気性が悪く、温度も高めな事です。
雑菌は、温かくて、じめじめとした風通しの悪い環境を好みます。
そのため、デリケートゾーン付近は、雑菌の繁殖に適した環境となっていて、臭いが発生しやすくなっているのです。
(いわば、デリケートゾーンが、雑菌やカビの温床となってしまっているわけです。)
なので、できるだけ開放的で涼しい環境をつくらなければいけません。


油断してるとたまにモワッて匂うことがありますよね。あれは焦ります…

 
恥垢もまたニオイの原因の一つとなっています。
恥垢は、古い角質層が剥がれ落ちたもの(要するに垢)と、尿やおりもの、それらが混ざったものです。
デリケートゾーンからニオイを放出させないためには、できるだけ陰部が湿らない状態を維持することが大切になってきます。

ですので、デリケートゾーンの臭いを抑える為には、通気性の良い下着、生理中には頻繁にナプキンを交換することなどが大切です。

 

 

関連記事

石鹸のイメージ画像

コラージュフルフル泡石鹸は顔や身体のニキビに効果ある?

コラージュフルフル泡石鹸の商品パッケージ画像(ピンク・ブルー)

コラージュフルフル泡石鹸のピンクとブルー(水色)に違いはある?

シャワーのイメージ画像

コラージュフルフルの泡石鹸と液体石鹸に違いはある?

お風呂のイメージ画像

誰にも相談できないデリケートゾーンの悩みをコラージュフルフル泡石鹸で解決できる?