コラージュフルフル泡石鹸でデリケートゾーンのケア~カンジダにも効果ある?~

お風呂のイメージ画像

女性の悩みの一つであるデリケートゾーンのニオイやムレは、デリケートゾーンのケアを怠っていることで発生しやすくなります。
デリケートゾーンは菌が繁殖しやすいので、適切なケアを怠ると、普段は平気でも風邪や寝不足などで免疫力が低下した際に、感染症などを引き起こす原因にもなってしまいます。

その一つに「カンジダ」と呼ばれる真菌が以上に繁殖することで起きてしまう膣カンジダ(カンジダ膣炎)があります。
デリケートゾーンの真菌の増殖に効果的に対策するためには、一般的な石鹸よりも、真菌の増殖を抑制する抗真菌成分が配合されたデリケートゾーン用の石鹸を使用する事が望ましいです。

この抗真菌成分が含まれたデリケートゾーン用の低刺激の石鹸の一つに、コラージュフルフル泡石鹸があります。
ここでは、コラージュフルフル泡石鹸の効果などについて説明していきます。

デリケートゾーンのニオイやムレの対策

デリケートゾーンは、常に高温多湿の環境となっている部分なので、菌が好む場所で繁殖もしやすくなっています。
また、デリケートゾーンにはアポクリン腺と呼ばれる汗腺があり、この汗腺から出て来る汗には脂質やタンパク質、アンモニウムなどの成分が含まれているため、嫌なニオイを放つようになっています。

このアポクリン腺から出てくる汗が、繁殖した菌によって分解されると、独特なニオイを発生させます。
ムレた時のデリケートゾーンの嫌な臭いは、こういった菌と汗によって起こるものです。

デリケートゾーンのニオイの原因は、この菌と汗によるものだけに限らず、日々のストレスや食生活、ホルモンバランスの乱れによっても発生することがあるため、これと決まった原因を見つけることは難しいです。

この臭いをどうにかするためには、デリケートゾーンのケアをして、清潔に保つ事が大切です。

デリケートゾーンを洗う時に気を付けたい事

デリケートゾーンはその名前の通り、女性の身体の中でも特に繊細で刺激に弱い部分となっています。
そのため、嫌な臭いが気になるからといって、強引にゴシゴシと洗ってしまうと、デリケートゾーンにとっては刺激が強すぎるので、逆効果になってしまったり、臭い以外の問題を引き起こす事も考えられます。

そのため、デリケートゾーンを洗う時には、ゴシゴシ洗いはやめて、出来るだけ優しく洗うようにする必要があります。

ですが、通常のボディソープを使うと、優しく洗ったとしても、ボディソープの刺激がデリケートゾーンにとっては強いのです。
なぜなら、一般的なボディソープは、デリケートゾーン用には作られていないためです。

そのため、通常のボディソープでデリケートゾーンを洗浄するのは控えた方がいいでしょう。

それに対して、コラージュフルフル泡石鹸は、デリケートゾーン用の弱酸性の低刺激な石鹸となっており、デリケートゾーンのケアの他、敏感肌の人や赤ちゃんでも使うことができる石鹸となっています。

コラージュフルフル泡石鹸は低刺激なだけでなく、真菌や細菌の増殖を防ぐ効果があるので、デリケートゾーンの毎日のケアに最適な石鹸だと言えるでしょう。

また、膣カンジダは、カンジダという真菌の異常な増殖が原因で起きる腟炎です。
カンジダ菌は膣内の常在菌の一種で、体調不良などの原因で、常在菌のバランスが崩れた際などに増殖すると、デリケートゾーンに強い痒みが出たり、酒粕状・ヨーグルト状のおりものが出るなどの症状が発生します。
コラージュフルフル泡石鹸であれば、ミコナゾール硝酸塩という抗真菌成分が入っているため、カンジダ菌の増殖を抑えて、膣カンジダの対策をする事もできます。

まとめ

女性のデリケートゾーンは、湿気や熱がこもりやすく、雑菌が繁殖しやすい部分となっています。
そのため、臭いやムレなどのデリケートゾーンの悩みを防ぐためには、毎日のケアで清潔な状態を保つ事が重要になります。

ですが、通常の石鹸で洗ってしまうと、デリケートゾーンには刺激が強いので、清潔にするどころか、逆効果になる事も考えられます。
その点、コラージュフルフル泡石鹸はデリケートゾーン用の低刺激な泡石鹸ですので、刺激を抑えて、効果的に菌の増殖に対策できる石鹸となっています。

関連記事

石鹸のイメージ画像

コラージュフルフル泡石鹸は顔や身体のニキビに効果ある?

お風呂のイメージ画像

コラージュフルフル泡石鹸の口コミ!臭いアソコに効果ある!?

シャワーのイメージ画像

コラージュフルフルの泡石鹸と液体石鹸に違いはある?

お風呂のイメージ画像

誰にも相談できないデリケートゾーンの悩みをコラージュフルフル泡石鹸で解決できる?

赤ちゃんのイメージ画像

赤ちゃんにも使える!低刺激なコラージュフルフル泡石鹸

コラージュフルフル泡石鹸の商品パッケージ画像(ピンク・ブルー)

コラージュフルフル泡石鹸のピンクとブルー(水色)に違いはある?